March 25, 2020 / 12:19 AM / 10 days ago

BRIEF-長国80兆円まで買える、経済・物価次第で臨時会合含め機動的対応可能=3月日銀決定会合主な意見

[東京 25日 ロイター] - 日銀が25日発表した、3月16日開催の金融政策決定会合における主な意見によると、同会合では以下のような議論があった。

* 企業金融に万全期すとともに市場安定を維持し、企業・家計のコンフィデンス悪化防ぐため緩和強化が適当

* 潤沢な資金供給・企業の資金繰りに万全期す・市場の安定確保の角度から緩和強化すべき

* 潤沢な資金供給で金融環境を極めて緩和的に維持すること必要

* 企業の資金繰り不安取り除き、市場の安定確保で市場・国民に安心感与えることが金融政策に求められる

* 新型コロナの影響で資金繰り悪化し破綻する企業も、金融仲介機能の維持へ必要な措置講じるべき

* 新型コロナの影響深刻化、企業・家計への支援策を迅速かつ大規模の実施すべき

* 長期国債80兆円までは買入可能のほか、経済・物価によっては臨時会合も含め機動的対応可能

* 景気後退懸念がある今こそ政府の経済政策などと緊密に連携すべき

* 政府・主要中銀と緊密情報共有しつつ強固な協力体制維持が肝要

* 働く機会と所得減っている状況に対しては、政府の適切かつ大規模な措置期待

* 日銀、所得・収益が回復するまでの資金を十二分に供給する必要

* 新型コロナショック、リーマンと性質異なるが影響甚大になる可能性意識する必要

* 新型コロナの影響除いても経済の基調は弱い、収束後の力強い回復シナリオには懐疑的

* 経済回復しても、所得から支出ではなく預金に回ってしまう可能性

* 物価安定目標へのモメンタム、損なわれる恐れ高まっているが現時点では維持されている

* 経済・物価の下方リスク高まっており、物価目標へのモメンタム損なわれる恐れ高まっている

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below