for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-鈴木日銀委員:金融政策の効果と副作用、これまで以上に丹念に比較衡量の必要

[旭川市(北海道)/東京 27日 ロイター] - 日銀の鈴木人司審議委員は27日午前、旭川市金融経済懇談会で講演した。主な発言内容は以下の通り。

* 鈴木日銀審議委員:金融政策運営、物価の安定と金融システムの安定の両立が特に重要

* 鈴木日銀審議委員:新型コロナの感染拡大がいったん収まっても、経済活動が元の水準に戻るのには時間がかかる

* 鈴木日銀審議委員:感染症の影響が想定以上に大きくなれば、実体経済の悪化が金融システムに影響 経済にさらなる下押し圧力

* 鈴木日銀審議委員: 金融政策の効果と副作用、これまで以上に丹念に比較衡量の必要

* 鈴木日銀審議委員:感染症で物価目標へのモメンタムはいったん損なわれ、金融緩和の一層の長期化が想定される

* 鈴木日銀審議委員:感染症により、低金利の持続による副作用が金融システムの安定に影響及ぼす恐れ高まっている

* 鈴木日銀審議委員: 金融機関が預金金利をマイナスにするのは困難、市場金利が低下しても貸出金利が低下しない可能性

* 鈴木日銀審議委員:金融機関の信用コスト、感染症の影響拡大すればリーマン危機時の水準に近付く可能性

* 鈴木日銀審議委員:金融機関の収益や経営体力が悪化し、金融仲介機能の低下で経済・物価にマイナスの影響ないか注視すること重要

* 鈴木日銀審議委員:企業の現預金積み上げの動き、企業の資金需要に働きかける金融政策の効果が限定的になる可能性

* 鈴木日銀審議委員:日本の金融機関、全体として資本・流動性の両面で相応に強いストレス耐性を備えている

* 鈴木日銀審議委員:実需の円売りドル買いが大きく投機的な円買いを仕掛けにくくなる可能性あるが、相場動向は引き続き注視

* 鈴木日銀審議委員:無利子・無担保貸出、今後一般貸出のスプレッド下押し圧力の可能性

* 鈴木日銀審議委員:日銀の金融政策の枠組みは有効に機能、現時点では金融緩和の効果が副作用を上回っている *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up