for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-鈴木日銀委員:物価、感染症の影響軽減されると再びモメンタム生まれ、2%目標に向け動いていく

[旭川市(北海道)/東京 27日 ロイター] - 日銀の鈴木人司審議委員は27日午後、旭川市金融経済懇談会後の記者会見で以下のように述べた。

* 鈴木日銀審議委員: 日銀の一連のコロナ対応は効果を発揮している

* 鈴木日銀審議委員:当面感染症の影響を注視し、必要であれば躊躇なく追加緩和

* 鈴木日銀審議委員:現状は前回の展望リポートの判断と大きく離れていない

* 鈴木日銀審議委員:従来以上に金融システム安定が重要、システムの安定に影響与える事象には細心の注意必要

* 鈴木日銀審議委員:金融機関の信用コスト、経営者などに聞いても極めて予測は難しい

* 鈴木日銀審議委員:地域金融機関の与信費用は相対的に少なめだが、コロナ長期化なら金額は増加と予想

* 鈴木日銀審議委員:物価、感染症の影響が軽減されると再びモメンタム生まれ2%の目標に向けて動いていく

* 鈴木日銀審議委員:2%の物価目標、変更の必要があるとは思っていない

* 鈴木審議委員:日銀の金融政策は金融機関の経営のために行っているのではない

* 鈴木日銀審議委員:金融機関の副作用軽減のための利上げ、全体感からして理屈がおかしくなる *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up