for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-若田部日銀副総裁:自然利子率下がる中で実質金利引き下げなければ、経済にデフレ圧力かかり得る

[2日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は2日、佐賀県金融経済懇談会であいさつした。主な発言内容は以下の通り。

* 若田部日銀副総裁:海外中銀における議論の状況なども参考に、ウイズ・コロナ時代の金融政策のあり方について検討を深めていくべき

* 若田部日銀副総裁:パンデミック後に自然利子率が下がる中で実質金利を引き下げなければ、経済にデフレ圧力がかかり得る

* 若田部日銀副総裁:当面、インフレ率が低下するリスクに警戒する必要

* 若田部日銀副総裁:物価の上振れ下振れ双方に対応するため、物価安定目標に引き続き強く関与することが必要

* 若田部日銀副総裁:日次の売り上げや人々の移動情報などの高頻度データを効果的に組み合わせ、政策決定の判断に生かしていくことが重要

* 若田部日銀副総裁:当面感染症の影響を注視し、必要あれば躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じていく

* 若田部日銀副総裁:今回の経済危機、財政政策と金融政策の連携・協調が必要不可欠

* 若田部日銀副総裁:政府・日銀の連携はそれぞれの役割に沿って行われている、中銀は基本的に流動性供給

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up