for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-片岡日銀審議委員:2%の物価目標に到達していない現状、金融政策の枠組み変更を検討していくべき

[那覇市/東京 3日 ロイター] - 日銀の片岡剛士審議委員は3日午後、沖縄県金融経済懇談会後の記者会見で以下のように述べた。

* 片岡日銀審議委員:地域金融機関の収益性向上は大きな課題、統合や連携も1つの選択肢

* 片岡日銀審議委員:金融経済懇談会で当面は感染症の影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和と発言した

* 片岡日銀審議委員:安倍政権下での大胆な金融緩和、物価がマイナスではない状況に持っていった点で効果があった

* 片岡日銀審議委員:現状の金融政策の枠組みでは十分ではない

* 片岡日銀審議委員:2%の物価目標に到達していない現状、金融政策の枠組みの変更を検討していくべき

* 片岡日銀審議委員:長短双方の金利引き下げが必要、マイナス金利の深掘りだけにこだわっているわけではない

* 片岡日銀審議委員:財政政策・金融政策の両輪で総需要刺激、流動性も供給という方針は新政権でも全く変わらない

* 片岡日銀審議委員:追加緩和時に副作用軽減策が必要とは思っていない

* 片岡日銀審議委員:足元の株高、バブルにつながるとは微塵も思っていない

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up