for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-黒田日銀総裁:出口を探るとか、金融緩和を弱めるつもりは全くない

[東京 18日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は18日の記者会見で以下のように述べた。

* 黒田日銀総裁:2%物価目標その他のコミットメントも変えるつもりない

* 黒田日銀総裁:資産買い入れ等について、持続的・効果的な手法あれば検討して取り入れたい

* 黒田日銀総裁:出口や金融緩和弱めるつもりは全くない=各種施策の点検で

* 黒田日銀総裁:ゾンビ企業を助けるのではとの議論、全く当たらないと思う=特別プログラム延長で

* 黒田日銀総裁:現在の金融政策のフレームワークは十分機能している

* 黒田日銀総裁:さまざまな資産買い入れやYCCの運営等について点検、より効率的・効果的・持続可能なものにしていく

* 黒田日銀総裁:ECBやFRBの政策レビューというより、運用のファインチューニングと理解してもらっていい

* 黒田日銀総裁:環境政策は政府が行う分野だが、金融システムに影響与える重要な要素になっている

* 黒田日銀総裁:物価安定と金融システム安定という日銀の使命に即してリスク把握を行っていきたい

* 黒田日銀総裁:ワクチンについて前向きの情報流れており、スムーズに接種されれば感染症も終息に向かう可能性

* 黒田日銀総裁:コロナの終息時期や影響は不確実性大きく物価も注意していきたい

* 黒田日銀総裁:デフレに陥るという恐れは低いと思っている=物価下落で

* 黒田日銀総裁:緩和的な金融環境維持し、企業の前向きな取り組み支援していきたい

* 黒田日銀総裁:現時点で2%の物価目標達成できていないが、達成目指して緩和続ける

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up