for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-政井日銀審議委員:金融緩和のさらなる長期化を踏まえて政策運営に当たる必要

[東京 16日 ロイター] - 政井貴子日銀審議委員は16日、北海道・道東地域の金融経済懇談会であいさつした。主な発言は以下の通り。

* 政井日銀審議委員:金融緩和の長期化の副作用にいっそう配慮し、政策の持続性担保へより幅広い観点からの政策対応が重要

* 政井日銀審議委員:ETF買い入れ、政策の持続性を担保しつつ緩和効果を維持するための議論がますます重要になる

* 政井日銀審議委員:コロナ対応やレバレッジ規制の緩和で金融環境の大幅なタイト化は回避、所期の効果上がっている

* 政井日銀審議委員:金融緩和のさらなる長期化を踏まえて政策運営に当たる必要

* 政井日銀審議委員:物価安定の目標の実現に、ますます時間がかかる可能性を強く意識する必要

* 政井日銀審議委員:GoToキャンペーンなども奏功して対面型サービスにも明るい動き

* 政井日銀審議委員:世界の貿易量、展望リポートの見通し期間の後半にかけても増勢が維持されるか不確実性高い

* 政井日銀審議委員:先行き世界同時景気回復は望みがたい、各国・地域間で政策の方向感に違い出る可能性

* 政井日銀審議委員:国際金融市場はなお神経質な状況、輸入物価や国内価格への波及の状況を引き続き注視

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up