for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-若田部日銀副総裁:コミットメントがある中、名目金利も必要なら下げられるようにすべき

[東京 3日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は3日午後、神奈川県金融経済懇談会(オンライン形式)後の記者会見を行った。主な発言は以下の通り。

* 若田部日銀副総裁:基本的にYCCの枠組み、方向としては間違っていない

* 若田部日銀副総裁:2%インフレ到達のためには確実に緩和を続けないといけない

* 若田部日銀副総裁:今回起きているような危機が起こったとき、どういう手段がとり得るか点検したい

* 若田部日銀副総裁:実質金利が急騰しないよう政策運営すべき

* 若田部日銀副総裁:コミットメントがある中、名目金利も必要なら下げられるようにすべき

* 若田部日銀副総裁:急激な経済の変動、次なる危機にどう備えるか常に考えるべき

* 若田部日銀副総裁:資産価格、とりわけ動きやすい為替がどう物価に影響するかという問題は必然的にでてくる

* 若田部日銀副総裁:最近米ドルに対して多少円高方向に動いているのは事実

* 若田部日銀副総裁:対ドルの円相場、人々の注目を浴びやすいので経済物価への影響ちゃんと見ておく必要ある

* 若田部日銀副総裁:グリーンやデジタル投資を促すための新たな施策、点検という枠組みで考える範囲超えているが将来的には議論に値する

* 若田部日銀副総裁:緊急事態宣言の延長、何も対応をとらないと消費を下押しすることが想定される

* 若田部日銀副総裁:緊急事態宣言延長による下押しと延長受けた政府対応による押し上げ効果の綱引きで、全体の経済への影響決まる

* 若田部日銀副総裁:作業中なのでコメント控えたい=点検でマイナス金利を深掘りしやすくなる仕組みも検討するかを問われ *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up