for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-長期金利の変動幅上限、連続指し値オペ制度も駆使して厳格に対応すること適当=日銀会合主な意見

[東京 29日 ロイター] - 日銀は、3月18─19日の金融政策決定会合の主な意見を公表した。主な内容は以下の通り。

* 長期金利の上下0.25%程度の変動、アービトラージャーやスペキュレーターの債券市場から退出防ぎ市場の価格安定化機能を維持の観点から望ましい=3月日銀会合主な意見

* 長期金利の変動幅の上限、連続指し値オペ制度も駆使して厳格に対応することが適当=日銀会合主な意見

* 感染症の影響が続くもとで当面はイールドカーブ全体を低位で安定させることを優先した運営が適当=日銀会合主な意見

* ETF等買い入れ、市場が大きく不安定化した場合に大規模な買い入れを行うことが効果的=日銀会合主な意見

* ETF等の買い入れ、必要な際に機動的に対応する方針を明確化することが適切=日銀会合主な意見

* ETF等の買い入れ、金融緩和の後退と誤解されないように注意が必要=日銀会合主な意見

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up