for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-財務省幹部:現メンバーでの在り方懇は最後、次の会議体に関する枠組みは白紙

[東京 24日 ロイター] - 財務省幹部は24日、「国の債務管理の在り方に関する懇談会」について以下のように述べた。

* 財務省幹部:現メンバーでの在り方懇は最後とし、今後新たな議論の場を設けることを了承

* 財務省幹部:コロナ対応で短期化した平均償還年限の是正が必要=国債在り方懇で

* 財務省幹部:長期金利はゼロ近傍で推移も日銀政策変更されれば市場に影響=国債在り方懇で

* 財務省幹部:国債管理政策、ポストコロナを見据えて多角的な視点から議論していく必要

* 財務省幹部:在り方懇の次の会議体に関する枠組みは白紙

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up