for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-黒田日銀総裁:為替の急激な変動、不確実性高め経済にマイナスの影響

[東京 13日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は13日、内外情勢調査会で講演し以下のように述べた。

* 黒田日銀総裁:強力な金融緩和で、感染症の影響からの景気回復を支えることが必要

* 黒田日銀総裁:指し値オペの毎営業日実施をあらかじめアナウンスすることで、市場の安定性確保されるのではないか

* 黒田日銀総裁:目先2%まで物価上昇率高まるとはいえ持続力を欠く、現在の金融緩和の縮小は適当とは考えていない

* 黒田日銀総裁:感染状況の改善遅れると貯蓄が先行きの不確実性に備えたものに変質、貯蓄の取り崩し順調に進まない可能性

* 黒田日銀総裁:為替の急激な変動は先行きの不確実性高め、経済にマイナスの影響及ぼす

* 黒田日銀総裁:基調的な物価上昇率が高まるには、企業収益増や賃金上昇伴った広がりと持続性ある物価上昇に移行が必要

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up