for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

操縦士がコーヒーこぼし緊急着陸、ドイツ発メキシコ行き民間機で

[ロンドン 12日 ロイター] - ドイツのフランクフルトからメキシコのカンクンに向かっていた民間航空機が今年2月、パイロットがコックピット(操縦室)の制御盤にコーヒーをこぼしたことにより、アイルランドに緊急着陸を余儀なくされていた。航空事故調査局(AAIB)の報告書で明らかになった。

緊急着陸したのはエアバスA330─243型機。運航していた航空会社は明らかにされていない。

報告書によると、熱いコーヒーがこぼれた後、制御盤から焦げたような臭いがして煙が出たことから、機長が方向転換を決めたという。負傷者はいなかった。この便には326人が搭乗していた。

パイロットはコーヒーカップにふたをせず、カップホルダーでなくトレーの上に置いていた。

AAIBはこの問題の発生後、すべての路線の便にカップのふたが提供されることを確実にし、乗員にふたを使うよう呼び掛けているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up