July 20, 2018 / 4:50 AM / a month ago

英アストンマーティン、空飛ぶスポーツカーの構想公開

[ファンボロー(英国) 18日 ロイター] - 英高級車メーカーのアストンマーティンがファンボロー国際航空ショーで、3人乗り「空飛ぶ自動車」のコンセプトカーを公開した。垂直離発着ができ、時速322キロメートルで飛行可能。将来的に移動手段へ革命をもたらすと期待されている。

 7月18日、英高級車メーカーのアストンマーティンがファンボロー国際航空ショーで、3人乗り「空飛ぶ自動車」のコンセプトカーを公開した。垂直離発着ができ、時速322キロメートルで飛行可能。(2018年 ロイター)

「ボランテ・ビジョン・コンセプト」と名付けられたこの自動車は、同社と英クランフィールド大学、航空・防衛大手ロールスロイスが共同で開発中。人工知能(AI)による自動運転機能も搭載されている。

アストンマーティンのサイモン・スプロール副社長は、ロイターに対し「英中部バーミンガムの中心部からロンドン中心部まで約30分で行ける」と豪語。「空飛ぶウーバーや、アストンマーティンに乗れるようになるだろう」と話した。

一方で「空飛ぶスポーツカーだから高級車であり、価格はそれ相応に高くなる。7桁(100万ポンド、約1億4600万円)は下らないだろう」との見方を示した。

航空業界やハイテク業界では、空飛ぶタクシーを現実のものにすべく研究開発が続けられている。この中には欧州航空機大手エアバス、米配車サービスのウーバーが含まれているほか、スタートアップ企業としては米グーグルの共同創始者ラリー・ペイジ氏が支援するキティ・ホークも取り組んでいる。

アストンマーティンは映画「007」シリーズで主役ジェームズ・ボンドが愛用する自動車のメーカーとして有名。ボンドもこのクルマを気に入るかもしれない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below