for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英政府、BBC受信料を2年間凍結 制度見直しも

[ロンドン 17日 ロイター] - 英政府は17日、公共放送BBCの受信料を2年間凍結し、受信料制度継続の是非について議論を開始する方針を示した。野党からは「文化破壊」との批判の声が上がった。

ドリーズ文化相は議会で、100年の歴史を持つ英国の「道標」であるBBCを破壊することは望まないとした上で、家計が増税やエネルギー料金の上昇で打撃を受けている時に受信料を引き上げることはできないと説明した。

新たな契約では、テレビを持つ全世帯から徴収される受信料は今後2年間、年159ポンド(217ドル)で凍結され、その後4年間はインフレ率に応じて引き上げられることになった。

アナリストの間では、インフレ率を下回る契約となった場合、BBCのプロダクション削減が必要になるとの見方が出ていた。

ドリーズ氏はまた、28年以降の受信料に関して、ネットフリックスやアマゾンプライムなど多くのプラットフォームに加入できる現在の状況において、受信料不払いに対する刑事罰が依然として適切かどうかなど真剣に問う必要があると指摘。こうした問題について議論を開始すると述べた。代替案の分析はまだ行われていないとした。

ただ同氏は16日にはツイッターへの投稿で、今回の受信料発表が「最後」になると述べ、高齢者が不払いを理由に脅される時代を終わらす必要があるとし、受信料制度の廃止を示唆した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up