for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英金融業界、コロナ危機後の回復に向けコミットを=中銀総裁

[ロンドン 17日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は17日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、英経済は永続的な変化を遂げつつあり、金融サービス業は今後必要な投資を支援するために「広範なコミットメント」を行わなければならないと述べた。

英金融サービス部門のロビー団体「ザ・シティUK」向けの講演で、パンデミックが英産業構造の大転換を促す可能性は低いが、現状に満足すべきではないと指摘。「現状の変化がどの程度持続するのか、あるいは加速するのかについて、まだ誰も明確な答えを持っていない。しかし、最も有力な推測は永続的な変化があるということだ」と語った。

その上で、新型コロナがもたらす変化と気候変動への取り組みには金融サービス業界からの「広範なコミットメント」が必要とした。

また、債務残高の増加に伴うリスクに注視していくと表明。「英企業債務の持続可能性は現行の低金利水準によって支えられているが、レバレッジが高まれば、企業部門は金利や収益のショックに対してより脆弱になる」と述べた。

来年の投資については、パンデミックだけではなく、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不確実性を背景に抑制されると見込んだ一方、直近の新型コロナワクチンを巡る明るいニュースによって「トンネルの先に光が見えてきた」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up