for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英経済、「非常に難しい」局面=中銀総裁

[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は12日、国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大していることを受け、英経済は非常に難しい局面にあり、将来の景気回復に遅れが出るとの見方を示した。

総裁はスコットランド商工会議所向けのオンライン講演で「現在、非常に難しい時期にある。恐らく軌道に遅れが生じるのは間違いない」と発言。

ただ、景気回復の基本的な形状は、中銀が昨年11月の予測で示した軌道を反映したものになる公算が大きいとの認識も示した。

中銀は2カ月前に失業率が7-8%前後でピークに達するとの見通しを示したが、その後、政府が雇用支援策を延長したため、2カ月前の予想が現実になるとは考えていないという。

ただ同総裁は、失業率が直近の公式統計である4.9%からさらに悪化している可能性が高いと予測。「全国では恐らく6.5%前後というのが、最も妥当な推測値だろう」との見方を示した。

第1・四半期の経済活動については、新型コロナワクチンの普及が進み、一部の封鎖措置が解除されるまで低迷するとの見通しを示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up