for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

最近の金利上昇は経済見通し改善の表れ=英中銀総裁

[ロンドン 15日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー総裁は15日、最近の金利上昇は経済見通しの改善に沿った動きと指摘した。

ベイリー総裁はBBCラジオに対し「ここ1カ月あまり、他国と同じく金利がある程度上昇している。今のところ、これは経済見通しの変化と一致しているとみている」と述べた。

15日、英10年債利回りは、新型コロナウイルス流行が始まった昨年3月以降で最も高い水準で推移している。

ベイリー総裁は、新型コロナウイルスの感染状況が緩和する中、英経済について「かなり警戒しながらも、より前向きになった」と述べ、今年は回復し年末あたりに2019年末の状況に戻るとの見方を示した。

英中銀は18日の金融政策委員会で、政策金利と債券買い入れプログラムを据え置くと予想されている。

ベイリー氏は「英経済にはかなり蓄えが積み上がっている。今後は、それがどう使われるかが問題になる」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up