Reuters logo
失業率低下が物価押し上げへ=ブロードベント英中銀副総裁
November 15, 2017 / 5:58 PM / a month ago

失業率低下が物価押し上げへ=ブロードベント英中銀副総裁

[ロンドン 15日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のブロードベント副総裁は15日、物価やブレグジット(欧州連合離脱)など様々な不透明要因が存在するなかでも、英中銀は失業率の低下がインフレの押し上げにつながるとの前提を覆すべきでないとの考えを示した。

英中銀は今月、約10年ぶりとなる利上げに踏み切ったが、副総裁はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)での講演で、目標を上回るインフレや余剰能力の低下が利上げの根拠になったと指摘した。

「これまでに政策委見通しの柱である来年の賃金の伸び拡大を疑う意見が出ているほか、なかには(インフレと失業の関係を示す)フィリップス曲線は破たんしたとまで言い切る向きもある。見通しにリスクは付き物だが、少なくとも後者の主張は早計だ」と語った。

その上で「ここ数カ月間、目標を上回るインフレや余剰能力の低下が見受けられる。したがって中銀がある程度金融緩和を解除したことは適切だったと考える」とした。

ブレグジットを巡る影響については「確実なことは何一つない。一部の影響が予想以上に早く表れる可能性もある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below