July 23, 2018 / 6:46 PM / 5 months ago

資産売却開始後、金利変更が主要な政策手段に=英中銀副総裁

[ロンドン 23日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のブロードベント副総裁は23日、保有する4350億ポンドの資産売却を開始すれば、金利変更が引き続き主要政策手段になるとの認識を示した。

エコノミストらの会合で講演した。ブロードベント氏は「その日以降にインフレ圧力が弱まれば、最初の対応は利下げを確実に行うよう枠組みが設計されている」と述べた。

中銀は先月、保有する4350億ポンドの英国債の売却開始時期について新たなガイダンスを設定。政策金利が1.5%前後に達した場合に売却を始める可能性があるとし、従来の2%から時期が早まる指針を示した。

政策金利が1.5%前後に到達する時期は、正確に分からないとし、保有資産の売却自体がインフレを押し下げる可能性を指摘した。

講演後の質疑応答では、来週の金融政策委員会(MPC)でどのような投票行動をとるかを決断しておらず、決めたとしても明らかにしない考えを示した。直近の景気見通しにも触れなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below