May 24, 2018 / 10:57 PM / 3 months ago

1-3月の低成長巡る疑問、すぐには解消しない可能性=英中銀総裁

[ロンドン 24日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁は24日、2012年末以来の低い伸びとなった第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値が実際の状況と合致しているかどうかを巡り、この疑問は第2・四半期GDPの数字によっても解消されない可能性があるとの認識を示した。

ロンドンで開かれたエコノミストによる年次会合で語った。

英中銀は今月、第1・四半期の英経済の基調的成長率は国立統計局(ONS)が発表したGDP速報値(前期比+0.1%)を上回るとの見解を発表している。

カーニー総裁は、どの意見が正しいか、答えがすぐに分かる可能性は低いとし、「第2・四半期の数字で必ずしも判断する必要はない。第2・四半期のデータに影響を与える可能性がある他の要因も存在する。機が熟せば分かるだろう」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below