June 21, 2019 / 4:33 AM / in 3 months

英中銀、中小企業向け融資促進に向けデータベース構築支援へ

 6月21日、イングランド銀行(英中央銀行)は、中小企業向けの融資を促進するため、データベースの構築を支援する方針を示した。写真は同行、ロンドンで2013年8月撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 20日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は20日、中小企業向けの融資を促進するため、データベースの構築を支援する方針を示した。

カーニー総裁は、ロンドン市長公邸マンション・ハウスで講演し「このデータベースを構築するのは英中銀ではないが、土台づくりの一部を支援することが可能だ」と述べた。

銀行がデータベースにある企業の信用情報にアクセスして、融資の審査をスピードアップすることが可能になるという。

中銀によると、民間部門で働く人の60%は中小企業に勤務。中小企業は国内総生産(GDP)の50%に貢献しているが、中小企業向けの融資は220億ポンド不足しているという。

総裁は、中小企業が融資の担保に差し入れる資産にブランドや顧客基盤など無形資産が増えている点が問題だと指摘。これが融資の審査を難しくしているとの見方を示した。「データが豊富にあれば、そうはならないだろう。銀行はこれまでよりも幅広い情報を入手し、それを基に融資の決断を下せるようになる」と述べた。

今回のデータベース構想では、中小企業が販売・取引情報など「持ち運び可能な信用情報」を作成し、様々な金融機関がこの情報をデータベース上で共有する。

コンサルティング会社デロイトのパートナー、マーガレット・ドイル氏は、データの規格統一や情報保護が課題になるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below