January 25, 2018 / 6:07 AM / 7 months ago

サービス貿易の規制緩和で米・英の経常赤字縮小へ=英中銀報告書

[ロンドン 24日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)は24日、中銀研究員がまとめた報告書を公表した。報告書は、米国と英国の経常赤字が拡大した理由には、両国が強みとするサービスの貿易がモノ(物品)の貿易ほど自由化されていないことがあると指摘した。

 1月24日、イングランド銀行(英中銀)は、中銀研究員がまとめた報告書を公表した。報告書は、米国と英国の経常赤字が拡大した理由には、両国が強みとするサービスの貿易がモノ(物品)の貿易ほど自由化されていないことがあると指摘した。写真はロンドンで昨年2月撮影(2018年 ロイター/Hannah Mckay)

モノの輸出に対する関税や他の障壁は、各国による貿易協定の署名により、ここ数十年で削減されつつある一方、銀行などのサービスについては政府は保護姿勢を強めている。

報告書は「モノの貿易障壁の削減が、中国や日本、ドイツなど製造業が強い国々に恩恵をもたらし、輸入を上回る輸出を可能にし、経常黒字を持続させている可能性がある」と指摘。「反対に、米国や英国などサービス業に強い国々は、サービスの貿易がモノの貿易よりも制限されているため、経常赤字が続いている」とした。

また、サービスの貿易をモノの貿易と同程度に自由化すると、世界の貿易不均衡も解消に向かう可能性があるとの見解を示した。

米国の昨年第3・四半期経常赤字の対国内総生産(GDP)比は3年ぶり低水準の2.1%。2005年末には過去最高の6.3%を記録していた。

英国の昨年第3・四半期経常赤字の対GDP比は4.5%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below