for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英中銀、コロナ禍後はインフレ抑制に注力を=ハルデーン理事

12月23日、イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ハルデーン理事は新型コロナウイルス危機が収束した後はインフレ期待の抑制に集中する必要があるとの認識を示した。イングランド銀前で17日撮影(2020年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 23日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ハルデーン理事は新型コロナウイルス危機が収束した後はインフレ期待の抑制に集中する必要があるとの認識を示した。

ブルームバーグのインタビューで「世界が今最も避けたいのはインフレを巡る想定外の厄介な事態だ」と語った。

英中銀は17日の理事会でインフレ率が目標の2%を一時的に上回ることを容認する姿勢を示した。だがハルデーン氏は2%を超えるインフレ率を定着させることはできないと指摘し、そうでないと国債利回りが上昇し、政府の債務返済コストが増大し、回復が危ぶまれると述べた。

また新型コロナワクチンの接種により2021年は下半期のほうが経済にはるかに期待が持てると語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up