Reuters logo
英中銀、銀行の自己資本積み増し要請へ 2回で合計114億ポンド
2017年6月27日 / 10:17 / 5ヶ月後

英中銀、銀行の自己資本積み増し要請へ 2回で合計114億ポンド

[ロンドン 27日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行、BOE)の金融行政委員会(FPC)は27日、銀行に114億ポンドの自己資本積み増しを求める方針を明らかにした。

1年間の導入期間を設け、カウンターシクリカル資本バッファー(CCyB)を現在のゼロから0.5%へ、11月にはさらに1.0%へ引き上げるという。2段階にわたる0.5%ずつの引き上げで、英銀の自己資本要件は57億ポンドずつ増加する。

英銀の多くはすでに最低水準を上回る自己資本を確保しており、新たな財務増強の必要性は低いとみられる。

FPCは、昨年の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票後、信用状態がひっ迫する恐れがあるとしてCCyBの積み増しを見送っていた。ただ、同国経済は投票後に予想されていた状態より堅調であり、主要な政策金利を引き上げる時期が到来したと考える中銀関係者もいる。

FPCは、金融安定性に対するリスクは概して「標準的」水準にあるとし、銀行は現在の良好な環境によってしか得られない損失の少ない状態に依存しすぎているとの見解を示した。

BOEは「標準的な環境でよくあることだが、警戒を正当化する一部のリスクが存在する」との見方を提示した。

BOEは引き続き、EU離脱に向けた英銀の準備状況を監視していると説明。英国が2019年にEUとの貿易協定がまとまらない状態で離脱し、英銀から大陸欧州の顧客が切り離され、金融安定性が損なわれた場合「そのようなシナリオでは、コンティンジェンシープラン(緊急時対応計画)や準備とが最も有効となるだろう」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below