September 14, 2018 / 12:06 PM / 4 days ago

英中銀と大手銀、無秩序離脱への備えは十分=カーニー総裁

[ダブリン 14日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁は14日、アイルランド中央銀行で講演し、イングランド銀行および英大手銀行は英国の合意なしの欧州連合(EU)離脱への備えを十分していると述べた。

英メディアは13日夜、カーニー総裁が主要閣僚に、合意なしの離脱となった場合、国内住宅価格は3年間で最大35%落ち込むとの予想を示したと報じた。

カーニー総裁は、講演ではこの件に直接触れなかった。

総裁は「イングランド銀行は、英のEU離脱(ブレグジット)の想定されるさまざまなケースを含め、あらゆる経済の動きに十分の備えをしている」と指摘。

さらに「われわれは、可能性は低いだろうが、無秩序離脱となった場合でも、英大手銀行が家計や企業のニーズに対応し続けられることをストレステストで確認している。結局、われわれの任務は最善を期待するのでなく、最悪に備えることだ」と述べた。

EU離脱を決定した2016年6月の国民投票以降、英経済は減速しているが、中銀は1年強の間に2回利上げした。

中銀は前日、金融政策の維持を決定し、将来の金利の動きは、家計や企業、金融市場がブレグジットにどう反応するかがカギになると指摘した。

カーニー総裁は講演で「適切な政策対応は機械的なものでなく、需要、供給、為替相場への影響のバランスに依存する」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below