June 26, 2018 / 10:56 AM / 21 days ago

英中銀、QEの有効性懸念払拭に取り組むべき=マカファーティー委員

[ロンドン 26日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のマカファーティー金融政策委員は26日、英中銀は量的金融緩和政策(QE)の有効性に対する懸念払拭に取り組まなければならないとの見方を示した。

同委員は「QEは、マクロ経済において効果がない一方、資産バブルや不平等という観点において経済に深刻なゆがみをもたらしたという考えが広がっているようだ」とした上で、このような見方は「誤解」と指摘。ただ英中銀は、このような誤解に取り組み、QEの有効性に関するさらなる調査を公表することが重要とした。

さらに、誤解を放置すれば「QEに対する不信感によって、次の景気後退期における英中銀の政策余地が大幅に狭まるだろう」と述べた。

またインフレ率の最近の落ち込みは年内に緩和する可能性があるとし、英中銀は利上げを遅らせるべきではないとの従来の見解を示した。英国の欧州連合(EU)離脱も生産性の伸びを鈍化させ、上向きなインフレ圧力の追い風になる可能性があるとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below