for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

[ロンドン 28日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のラムスデン副総裁は、政策金利の下限は0.1%との認識を示す一方で、マイナス金利が可能かどうか検討するのが英中銀の義務だと述べた。英ソサイエティ・オブ・プロフェッショナル・エコノミスツ(SPE)のウェブサイトに同氏のインタビューが掲載された。

ラムスデン副総裁は「私としては、現時点で政策金利は依然0.1%が実質的な下限とみている」と述べた。

英中銀は今月、必要であればマイナス金利をどのように導入できるか検討する姿勢を示した。8月には、マイナス金利は政策手段の一つとの認識を示している。

テンレイロ金融政策委員は、26日付の英紙インタビューで、マイナス金利が景気支援に有効かどうかを巡る検証で「勇気付けられる証拠」が集まったと語った。

ラムスデン副総裁はSPEとのインタビューで、マイナス金利がユーロ圏や日本よりも効果的とみられる地域がいくつかあるとする一方で、英中銀は急いでマイナス金利を導入するつもりはなく、それを想定した銀行への対応には時間を要するとの認識を示した。

英経済については、直近の中銀の予想よりも先行きは厳しいと認識。

「失業率をとってみると、ピークは7.5%弱でなく上回る可能性のほうが大きく、より緩やかにしか低下しないとみられる」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up