November 21, 2018 / 4:08 AM / 19 days ago

英中銀、銀行ストレステストの結果公表を28日に前倒し

 11月20日、イングランド銀行(英中央銀行)は、銀行ストレステスト(健全性審査)の結果公表を今月28日に前倒しすると発表した。写真はロンドンの金融街。9月撮影(2018年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 20日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は20日、銀行ストレステスト(健全性審査)の結果公表を今月28日に前倒しすると発表した。英国の欧州連合(EU)離脱協定案の議会採決前に英中銀が「合意なし」シナリオへの対処方法を分析するためという。

英中銀によると、金融安定報告書(FSR)と主要国内行に対する年次ストレステストの結果全体を12月5日ではなく、11月28日0700GMT(日本時間午後4時00分)に公表する。

離脱協定案がどのように「『合意なし、移行期間なし』シナリオを含め、通貨・金融安定性に向けた法定権限を果たす英中銀の能力に影響を与えるか」について分析結果の提供を議会財務委員会から求められたことに応じるという。

同委員会は議会採決前に余裕を持って分析結果をまとめるよう求めていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below