for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英財務相、公的支出拡大と新たな減税を表明 予算演説

10月27日、英国のスナク財務相は英経済が新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)から予想以上に力強く回復する中、公的支出の拡大と新たな減税の実施を表明し、物価上昇から家計を守ると確約した。写真は同日、ロンドンの首相官邸前で予算案が入った赤い箱を報道陣に示すスナク財務相(2021年 ロイター/May James)

[ロンドン 27日 ロイター] - 英国のスナク財務相は27日、英経済が新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)から予想以上に力強く回復する中、公的支出の拡大と新たな減税の実施を表明し、物価上昇から家計を守ると確約した。

スナク氏は議会で行なった半期一度の予算演説で、経済成長率の見通しが改善されたことで、パンデミックを乗り切るために政府が打ち出した政策が正しかったことが証明されたと指摘。「今回の予算はパンデミック後の新たな経済への準備を開始するものだ」と述べた。

スナク財務相は、全ての政府部門の予算を実質的に増加させると表明。同時に政府借り入れを巡る新たな規則も発表し、基礎的な公的部門の純負債の対GDP比率を低下させ、3年以内に支出と収入を均衡させるとした。

税制面では、パンデミック緊急福祉給付金の上乗せ終了による低所得層への打撃を軽減するための措置を導入するほか、小売業や接客業などの打撃を受けた部門の税率を1年間引き下げるとした。

英予算責任局(OBR)が示した2021年の経済成長率見通しは6.5%。3月時点の4.0%から大きく上方修正された。上方修正後の成長率見通しに基づくと、英経済がパンデミック前の規模を回復するのは今年末となり、3月時点の予想の22年第2・四半期から前倒しされる。

OBRは21/22会計年度の赤字の国内総生産(GDP)に対する比率は7.9%と試算。従来見通しは10.3%だった。向こう4会計年度の同比率の見通しも下方修正した。

OBRは22年のインフレ率は5%になるとの予想を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up