October 29, 2018 / 12:58 AM / in 23 days

英国の緊縮財政の緩和にはEU離脱合意が必要、合意に自信=財務相

[ロンドン 28日 ロイター] - ハモンド英財務相は28日放送のテレビ番組で、英国の欧州連合(EU)離脱が合意なき離脱となる場合、緊縮財政を緩める計画を即座に撤回する必要に迫られると述べ、与党・保守党内の強硬離脱派に警告を発した。

 10月28日、ハモンド英財務相は同日放送のテレビ番組で、英国の欧州連合(EU)離脱が合意なき離脱となる場合、緊縮財政を緩める計画を即座に撤回する必要に迫られると述べ、与党・保守党内の強硬離脱派に警告を発した。BBC提供(2018年 ロイター)

財務相は29日に秋期財政報告書(予算修正計画)を発表する。

スカイニュースのインタビューに応じたハモンド氏は、英国がEUからの円滑な離脱を期限までに実現する限り、「賢明な努力が報われる」ことを有権者に示すことができると述べた。

同氏はまた、英国とEUが離脱交渉で意見の相違を解消すると確信しているとしつつも、「双方が合意に至らない場合、英経済の将来に対して異なるアプローチを取る必要が生じる」と発言。「率直に言えば、将来に異なる戦略を取るための新たな予算が必要になる」と語った。

多くのエコノミストは、英国がEUとの合意なしに離脱する場合、経済的な打撃を受けると指摘する。

一方、保守党の離脱強硬派を主導するジェイコブ・リースモグ議員はEU離脱に伴う経済的リスクはさほど大きくないと反論した。

ハモンド財務相は予算修正計画の中で、借り入れ見通しが一段と改善する中で、10年近くにわたり多くの公共サービス分野への支出を大幅に削減してきた緊縮財政を緩める余地が生じるとの見方を示す見通し。

ただ、財政赤字が大幅に縮小したにもかかわらず、債務水準は依然高いため、歳出を増やす余地は限定されている。

ハモンド氏は28日、メイ首相が4カ月前に表明した医療サービス予算の拡大が予算計画において最も大きな歳出増となると説明した。

予算計画では、交通渋滞緩和のための道路予算拡大や小規模小売り業者のオンライン商戦を支援する減税措置なども盛り込まれる見通し。

ハモンド氏は28日、英国の福祉制度の変更による影響を和げるための資金提供について示唆した。

また、合意なきEU離脱となる場合には、財務省とともにイングランド銀行(英中銀)も対応策を講じる必要が出てくると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below