September 21, 2018 / 3:07 AM / a month ago

ロンドンを震撼させた連続ネコ殺害事件、真犯人は野生動物=警察

[ロンドン 20日 ロイター] - 英ロンドン警察は20日、3年にわたり同市でネコなどのペットの手足を切断していたのは、連続殺害犯ではなく、キツネなど野生動物の仕業だったとの結論を明らかにした。

 9月20日、英ロンドン警察は、3年にわたり同市でネコなどのペットの手足を切断していたのは連続殺害犯ではなく、キツネなど野生動物の仕業だったとの結論を明らかにした。写真は、ロンドン南部で2008年9月早朝撮影されたキツネ。(2018年 ロイター/Dylan Martinez)

警察には数百件に上る疑わしい事件の届け出があり、これまで単独犯の犯行と考えられていた。犯人は、最初の事件が報告されたロンドン南部クロイドン区や高速道路の名称にちなみ、「クロイドン・キラー」や「M25キャットキラー」と呼ばれていた。

警察は2015年11月に、クロイドンで頭部と尾が切断された複数のネコがいるとの通報を受けて捜査に入った。しかし、6匹の死体を捜査し、証拠を詳細に検証した結果、人間の関与を示す根拠が見つからなかったと発表。「専門家と協力していた捜査員らは、クロイドンなどの地域で発生したと報告されている数百件のネコの手足切断事件は、単独の人間が行ったものではなく、野生動物が捕食したり死体をあさったものだった公算が大きいとの結論に達した」と説明した。

一連の事件を巡っては、容疑者がネコから人間に標的を移す恐れがあるなどと新聞が報じる事態に発展していた。だが地元の野生動物保護団体は、ネコの死体は死後に車に引かれて切断された可能性が最も高いと示唆。有線テレビが放映した3つのケースの動画に、キツネが動物の死体の一部を運んでいる姿が映ったりしていた。

警察は声明で「このようにネコが連続して切断されるケースは、英国内外を含め、例がないわけではない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below