October 17, 2018 / 10:04 AM / in a month

英CPI、9月は前年比+2.4%に伸び鈍化 3カ月ぶり低水準

[ロンドン 17日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した9月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比2.4%で、上昇率は8月の2.7%から鈍化、3カ月ぶりの低水準だった。ロイターがまとめたコンセンサス予想は2.6%。

ONSの統計専門家、マイク・ハーディー氏は「インフレ率を押し下げた主要な要因は食品だ。フェリー運賃も低下した」と説明した。

発表を受けて、ポンドはドルとユーロに対して下落。英国債価格は上昇した。

イングランド銀行(英中央銀行)の当局者は8月時点で、7─9月期のインフレ率は平均で2.5%程度になるとの予想を示していた。

経営者団体IoDのシニアエコノミスト、Tej Parikh氏は「賃金の緩やかな上昇と合わせ、物価上昇の鈍化は消費者の実質賃金を押し上げる。小売りにとっても歓迎すべきニュース」と指摘。その上で「英中銀は今週の経済データには影響されない。ブレグジット(英国のEU離脱)を巡る展開を見守りつつ、金利は動かさないだろう」としている。

<生産者物価の上昇は加速>

ブレグジットが決まった2016年6月の国民投票を受けたポンド安の影響で、英CPIは昨年11月に3.1%上昇し5年ぶり高水準を記録。その後、インフレ率は鈍化傾向にあるが、足元ではインフレに再び上昇圧力がかかる兆しが出ている。

ONSの発表によると、9月の英生産者物価投入指数は前年比で10.3%上昇し、8月の9.4%上昇(改定値)からコスト高に拍車がかかった。上昇率はロイターが集計したすべての予想よりも高かった。

9月の英生産者物価産出指数は前年比3.1%上昇、上昇率は8月の2.9%から加速した。こちらもすべてのロイター予想を上回った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below