for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

CBDCで世界共通規則導入を、英シンクタンクが呼びかけ

[ロンドン 8日 ロイター] - 英金融街シティーが支援するシンクタンク、国際規制戦略グループ(IRSG)は8日公表のリポートで、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に世界共通ルールを導入し、国境を越えたホールセール決済の円滑化につなげるべきだと訴えた。

米連邦準備理事会(FRB)やイングランド銀行(BOE、英中央銀行)、欧州中央銀行(ECB)などほとんどの主要中銀は、何らかの形でCBDCの発行が可能かどうか検討を進めている。ただ英国では、「デジタルポンド」は2030年までに実用化されそうにないとみられている。

IRSGは「CBDCの潜在能力をフルに発揮させる鍵は、さまざまな国・地域の市場をまたいで流通する道筋を確保し、ホールセールの越境決済を円滑に行えるようにすることにある」と指摘。この構想実現には規制面で世界的な原則の確立と協力体制が不可欠だと主張した。

IRSGによると、共通ルールができればある国・地域でサービス提供を許可された企業が別の場所でもサービスを展開できる上、各国・地域が互いに規制緩和競争に走るのを防ぐことも可能という。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up