August 21, 2018 / 11:00 AM / 3 months ago

UPDATE 1-英公的部門財政収支、7月は20億ポンドの黒字 2000年以降で最大

(エコノミストコメントを追加しました)

[ロンドン 21日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した7月の公的部門財政収支(国有銀行除く)は20億ポンドの黒字と前年同月から2倍以上に増加し、月間の黒字額としては18年ぶりの大きさだった。所得税収入が増加した。

ロイターがまとめたエコノミストの予想中央値は11億ポンドの黒字で、これをはるかに上回った。

2018年4─7月では、128億ポンドの赤字。赤字額は前年同期から40%減少した。

7月の公的部門純債務(国有銀行および英中銀による金融刺激策の影響除く)は1兆5850万ポンド。国内総生産(GDP)比は75.2%で、同比率は2012年8月以来の低水準だった。

4─7月の所得税と付加価値税の収入は6%増、法人税収入は2%増だった。

一方、投資を除く政府支出が1%増。投資支出は17%減。

コンサルタント会社、パンテオン・マクロエコノミクスのエコノミストは、今後2年間の財政目標は達成可能で財務相は財政を緩める余地があると指摘。「与党内での支持率拡大圧力や、欧州連合(EU)離脱後も景気を繁栄させるための政治的責務に直面するなか、借り入れ余地があることを示す」と述べた。

ただ医療関連での予算が必要なため減税余地は限定的だとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below