February 28, 2019 / 2:31 AM / 5 months ago

英消費者信頼感指数、2月はマイナス13に小幅改善=GfK

 2月28日、市場調査会社GfKが発表した2月の英消費者信頼感指数は、マイナス13で、約5年ぶり低水準だった1月のマイナス14から小幅改善した。ロンドンのスーパーマーケットで2017年4月に撮影(2019年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 28日 ロイター] - 市場調査会社GfKが発表した2月の英消費者信頼感指数は、マイナス13で、約5年ぶり低水準だった1月のマイナス14から小幅改善した。

ロイターがまとめたエコノミスト予想はマイナス15だった。

GfKのクライアント・ストラテジー・ディレクター、ジョー・スタトン氏は、雇用水準や賃金の伸びなどを示す多くの経済指標は、引き続き明るい数字だということを踏まえた上で、政局の不安定や先行き不透明感への懸念があるなか、消費者の信頼感がしっかりとしていることは驚きだ、との見方を示した。

消費者の家計に関する見方はほぼ変わらずだったが、比較的高額の商品の購入により積極的なことが示された。今後1年の景気見通しは、7年ぶり低水準だった1月から若干改善した。

調査は2月1─14日に実施された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below