for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英消費者信頼感指数、1974年の調査開始以来最低 コスト高が打撃

市場調査会社GfKが20日発表した5月の英消費者信頼感指数はマイナス40と、前月のマイナス38から低下し、1974年の調査開始以来最低を記録した。写真は2022年5月、ロンドンで撮影(2022年 ロイター/Kevin Coombs)

[ロンドン 20日 ロイター] - 市場調査会社GfKが20日発表した5月の英消費者信頼感指数はマイナス40と、前月のマイナス38から低下し、1974年の調査開始以来最低を記録した。生活コスト高が家計を直撃し、経済見通しに関する指数も過去最低となった。

ロイターがまとめたエコノミスト予想はマイナス39だった。

過去に指数が今回ほどの水準まで落ち込んだ際はリセッション(景気後退)の前触れとなっており、高インフレに直面する家計への支援拡大を政府に求める圧力が強まるとみられる。

今後1年間の経済見通しに関する楽観度合いは、英国が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に見舞われた20年4月に記録した過去最低と並んだ。

GfKの顧客戦略担当ディレクター、ジョー・スタットン氏は「消費者信頼感は、世界的な金融危機や欧州連合(EU)離脱による経済への影響、コロナに伴うロックダウン(都市封鎖)といった最悪期よりも弱まっている」と指摘した。

ウクライナ戦争を背景にした現在の危機は、金利が2桁台で失業率が高かった80年代初めと90年代初めのリセッション期よりも悲観的な見方をもたらしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up