Reuters logo
8月英消費者信頼感指数はマイナス10、前月から改善=GfK
2017年8月31日 / 05:17 / 22日前

8月英消費者信頼感指数はマイナス10、前月から改善=GfK

[ロンドン 31日 ロイター] - 市場調査会社GfKが公表したデータによると、8月の英消費者信頼感指数はマイナス10で、1年ぶり低水準となった前月のマイナス12から改善した。ロイター調査のエコノミスト予想はマイナス13。

ただ、今後1年間の景気見通しは依然さえない。

GFKは、この上昇が重要な現象なのか、低下基調における一時的な回復(デッド・キャット・バウンス)なのかは不明としている。

英国では、昨年6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まるとポンド相場が急落してインフレが加速し、消費者が圧迫されている。こうしたなか、今年の同国経済は2012年以来最も鈍い滑り出しとなった。

調査は、今月1─15日に行われた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below