December 23, 2016 / 3:06 PM / 2 years ago

英第3四半期GDP上方修正、内需支援

[ロンドン 23日 ロイター] - 英国立統計局が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)確報値は前期比0.6%増となり、11月に発表した改定値の0.5%増から上方修正された。エコノミスト予想は0.5%増だった。

前年比は2.2%増、改定値は2.3%増、予想は2.3%増だた。

第1および第2・四半期の成長率は前期比で0.1%ポイント下方修正され、それぞれ0.3%増、0.6%増となった。

ただ国民投票後のポンドの急激な下落が輸出を押し上げている兆候はみられない。貿易は低調で内需が成長を支えている構図となっている。

統計局の調査官は「堅調な消費需要が第3・四半期も引き続き底堅い成長を支えた」と述べた。

貿易(外需)は成長を1.2%ポイント押し下げ。以前の発表では0.7%ポイントの押し上げ要因だったが、一転して2012年初め以来最大の下押しとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below