for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英住宅売却希望価格、税優遇策期限を控え上昇=ライトムーブ

 2月15日、英不動産サイト、ライトムーブが発表した1月から2月上旬までの住宅売却希望価格は前月比で予想外に上昇した。写真はロンドンで2017年1月撮影(2021年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英不動産サイト、ライトムーブが15日発表した1月から2月上旬までの住宅売却希望価格は前月比で予想外に上昇した。近く期限を迎える税優遇措置の適用対象とならない可能性があるにもかかわらず、物件を探す動きが続きた。

1月10日─2月6日の住宅売却希望価格の平均は前月比で0.5%上昇した。前月までは3カ月連続で下落していた。

2月第1週にライトムーブのサイトのアクセス数は前年同期比で45%急増し、成約件数は7%増えた。

ただ、新規の売り主は21%減少。新型コロナウイルス感染を抑えるために全土に再導入されたロックダウン(都市封鎖)中の在宅授業に家庭の関心がそれた可能性がある。

ライトムーブの不動産データ担当ディレクター、ティム・バニスター氏は「ロックダウンで買い需要が再び高まっただけでなく、新たな供給を制限する要因にもなり、価格に多少の押し上げ圧力がかかった」と分析した。

スナク財務相は昨年、50万ポンド(69万ドル)以下の不動産購入を非課税にする時限的措置を発表、3月31日に期限を迎える。

バニスター氏は新規買い需要が3月31日以降に「崖」に直面しないことが足元のデータで強く示されていると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up