April 17, 2019 / 11:03 AM / 2 months ago

英住宅価格、2月は6年半ぶりの低い伸び ブレグジット混迷が響く

[ロンドン 17日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した2月の住宅価格は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)混迷の影響で2012年9月以来、6年半ぶりの鈍い伸びにとどまった。

2月の住宅価格は前年比0.6%上昇。1月の1.7%上昇から大幅に鈍化した。

ロンドンの住宅価格は3.8%下落で、2009年半ば以来最大の下げを記録した。2017年半ばのピークから6%下落したことになる。

コンサルタント会社EY・ITEMのエコノミスト、ホワード・アーチャー氏は「3月末に『合意なき』離脱を回避したことで、目先の不透明感がある程度払拭され、住宅市場を幾分押し上げる可能性がある」と述べたうえで「当社は離脱が10月31日までずれこむとみている。不確実な状況の長期化は住宅市場を圧迫するだろう」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below