for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英企業の採用計画、1年ぶりの水準に改善=人材開発協会調査

 2月22日、英国人材開発協会(CIPD)の調査によると、英国内企業の新規採用状況がここ1年で最も良好な水準に改善した。写真はロンドンのビジネス街。昨年10月撮影(2021年 ロイター/Matthew Childs)

[ロンドン 22日 ロイター] - 英国人材開発協会(CIPD)の調査によると、英国内企業の新規採用状況がここ1年で最も良好な水準に改善した。

CIPDとアデコが1月5─30日に2000社を対象に実施した調査によると、今後数カ月以内に新規採用を計画している企業の割合は56%と、2020年終盤に行った調査時の53%から上昇した。ただ、新型コロナウイルスの感染が拡大する約1年前に記録した66%は依然下回っている。

余剰人員の削減を計画している企業の割合は20%と、2020年第4・四半期の30%から大幅に低下した。

ただ、CIPDの労働市場のシニアアドバイザー、ジャーウィン・デイビース氏は、4月末に期限が切れる一時帰休労働者向けの支援措置を6月末まで延長しない場合や、経済に予期せぬ打撃が生じた場合には、年内さらなる人員削減が行われる可能性があると指摘している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up