April 19, 2019 / 1:51 AM / a month ago

英住宅ローンの貸出、住宅価格の伸び悩みが圧迫要因に=中銀調査

 4月18日、イングランド銀行(英中央銀行)が国内銀行を対象に先月実施した調査によると、住宅価格の伸び悩みが、住宅ローンの貸出動向に及ぼす悪影響は2012年以降で最大になる見通し。写真はロンドンの住宅街の家並み。2015年6月に撮影(2019年 ロイター/Suzanne Plunkett)

[ロンドン 18日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)が国内銀行を対象に先月実施した調査によると、住宅価格の伸び悩みが、住宅ローンの貸出動向に及ぼす悪影響は2012年以降で最大になる見通し。

英国では、欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感を背景に住宅市場が低迷している。

調査対象の銀行は、第2・四半期の住宅ローンの供給が第1・四半期並みになると予測。

ただ銀行は、経済見通しや金融状況ではなく、住宅価格の見通しが住宅ローンの供給の最大の重しになるとの見方を示している。

ロンドンなど高級住宅市場向けの住宅ローンの需要見通しは、2010年終盤以降で最低となった。

ロンドンの住宅市場は、EU離脱を巡る混乱で最も大きな打撃を受けている。

17日発表の公式統計によると、2月の英住宅価格は、上昇率が過去6年半で最低となった。ロンドンの住宅は10年ぶりの大幅な下落を記録している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below