September 25, 2019 / 3:24 AM / a month ago

9月の英製造業生産期待指数、約10年ぶり低水準=CBI

 9月24日、英産業連盟(CBI)が発表した9月の向こう3カ月間の製造業生産期待指数はマイナス19と、前月のマイナス1から低下、2009年4月以来の低水準となった。写真はイギリスのクルーにある工場で1月撮影(2019年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英産業連盟(CBI)が発表した9月の向こう3カ月間の製造業生産期待指数はマイナス19と、前月のマイナス1から低下、2009年4月以来の低水準となった。

欧州連合(EU)離脱と世界経済の減速に対する懸念が背景。完成品在庫の増加ペースは、2008-09年の金融危機以降で最高だった。

9月の製造業受注指数はマイナス28と、前月のマイナス13から低下。ロイターがまとめた市場予想のマイナス18を下回った。

コンサルティング会社EY・ITEMクラブのエコノミスト、ハワード・アーチャー氏は「製造業は第3・四半期の経済成長に大きく寄与しなかったようだ」とし「10月31日に合意なき離脱が起きる非常に現実的なリスクがあり、製造業のサプライチェーンや将来の需要への対応能力を巡る懸念が短期的に強まる可能性が十分にある」と述べた。

コンサルティング会社キャピタル・エコノミクスは24日、合意なき離脱の確率を40%と予想。

CBI製造業評議会のトム・クロティ議長は「EU離脱を巡る不透明感が日増しに強まる中、企業は重要な投資と人員採用の決定を見送らざるを得ない状況だ。これは全国の地域社会に大きな影響を及ぼす」と指摘。

「したがって、EU離脱を巡る行き詰まりの解消でこれ以上の時間を無駄にせず、崖から飛び降りるような悲惨な合意なき離脱を何としても避けることが重要だ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below