for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英フルタイム賃金、08年以来の高い伸び コロナ支援策が押し上げ

 10月26日に公表された英国立統計局(ONS)の年次賃金調査によると、フルタイム就業者の賃金は2008年以降で最大の伸びを記録した。写真はロンドンの金融街。22日撮影(2021年 ロイター/Hannah McKay)

[ロンドン 26日 ロイター] - 26日に公表された英国立統計局(ONS)の年次賃金調査によると、フルタイム就業者の賃金は2008年以降で最大の伸びを記録した。ただ、政府の新型コロナウイルス関連の雇用支援策などが数字を押し上げたとみられる。

ONSの年次調査は、月次統計よりもカバー範囲が広く、就業環境をより正確に反映するとされていたが、政府のコロナ対応の影響でどちらのデータにも歪みが生じている。

年次調査によると、4月時点のフルタイム就業者の週間賃金は前年4月から4.3%増加、インフレ調整後で1.7%増だった。

ただ、年間賃金(中央値)は3万1285ポンド(4万3023ドル)と前年比0.6%減少し、パンデミック下で所得が減少したことを示した。

ONSは「2021年は大半の就業者の賃金が増加したが、20年にパンデミックによる影響が最も深刻だった人、特に賃金が低い職に就いている比較的若い男性で顕著だった」と述べた。

清掃などの単純労働の賃金は7.7%増加。管理職は変わらずだった。

最低賃金の引き上げも、単純労働の賃金を押し上げた。

男女の賃金格差はフルタイムで7.9%と前年の7.0%から拡大。ただパンデミック前の9.0%よりは縮小した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up