for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英総合PMI、9月は48.4で予想下回る リセッション入りの可能性

 9月23日、S&Pグローバル/CIPSが発表した英国の9月の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は48.4で、8月の49.6から低下した。コストの大幅増と需要の低迷が背景。写真はロンドンの金融街。7月撮影(2022年 ロイター/Yann Tessier)

[ロンドン 23日 ロイター] - S&Pグローバル/CIPSが23日発表した英国の9月の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は48.4で、8月の49.6から低下した。コストの大幅増と需要の低迷が背景。

昨年1月の新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)以来の低水準で、ロイターがまとめたエコノミスト調査の49.0を下回った。

好不況の分かれ目は50。

S&Pグローバルのチーフ・ビジネスエコノミストのクリス・ウィリアムソン氏は「景気低迷が9月に深刻化した。企業活動も後退しており、景気後退入りの可能性がある」と述べた。

将来の生産に関する指数は2020年5月以来の低水準に落ち込んだ。

サービス業PMIは50.9から49.2に低下し21年1月以来の低水準。

製造業PMIは47.3から48.5に上昇した。サプライチェーンの状況悪化が上昇の主因。通常、サプライチェーンの目詰まりは強い需要による原材料などの不足を反映するが、今回は状況が違う。

S&Pグローバルによると、企業からは原材料不足を指摘する声があるものの、新規受注が減り生産を減らす動きもあるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up