Reuters logo
英総合PMI、9月は53.6 2月以来の低水準
2017年10月4日 / 09:57 / 13日前

英総合PMI、9月は53.6 2月以来の低水準

[ロンドン 4日 ロイター] - IHSマークイットとCIPSが発表した9月の総合購買担当者景気指数(PMI)は53.6と、前月の53.7から低下、2月以来の低水準となった。

英経済の低迷が続いていることが浮き彫りとなった。

サービス部門PMIは53.6と、前月の53.2をやや上回った。市場予想も53.2だった。

ただ、今週発表された製造業と建設業のPMIは悪化している。

調査では、物価の上昇圧力が一段と強まっていることも明らかになった。

欧州連合(EU)離脱交渉で、将来のEUとの通商関係が明確になっていないことから、先行きへの不安感も増している。

サービス業、製造業、建設業のPMIを総合すると、第3・四半期の経済成長率は前期比0.3%前後と、第2・四半期並みになる見通し。

IHSマークイットの首席ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「英国経済は、低成長・物価上昇という歓迎せざる組み合わせに苦戦している」と指摘した。

サービス業の新規受注指数は、昨年8月以来の低水準。

サービス業の投入価格指数は2月以来の高水準。産出価格指数も5か月ぶりの高水準だった。

インフレ率は今後数カ月で3%を超える可能性があり、ウィリアムソン氏は、利上げ観測が高まるとの見方を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below