for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

5月英建設業PMI、2014年以来の高水準 封鎖解除で新規受注増

IHSマークイット/CIPSが4日発表した5月の英国の建設業PMIは64.2で、4月の61.6から上昇し、2014年9月以来およそ7年ぶりの高水準を記録した。写真はロンドンで1月撮影(2021年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 4日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが4日発表した5月の英国の建設業購買担当者景気指数(PMI)は64.2で、4月の61.6から上昇し、2014年9月以来およそ7年ぶりの高水準を記録した。ロックダウン(都市封鎖)の解除を受けて、新規受注が過去最大の伸びを示した。

ロイターのエコノミスト調査では62.3と予想されていた。

住宅ブームを背景に、住宅建設セクターが最も大幅な伸びとなった。公式統計によると、英住宅価格は前年比10%超上昇している。

新規受注指数は、1997年の調査開始以来の高水準だった。

IHSマークイットのエコノミクスディレクター、ティム・ムーア氏は「英建設会社は引き続き、急速な生産の伸びを報告した。住宅建設が急増し、商業ビルについても2007年8月以来の大幅な増加を示した」と指摘した。

製造・サービス・建設を合わせた全セクターPMIは63.0と、4月の60.8から上昇し、調査開始以来の高水準に達した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up