January 6, 2020 / 10:20 AM / 7 months ago

英サービスPMI改定値、12月は50.0に上昇 総選挙結果受け

* 12月の英サービス部門PMIは50.0(予想:49.1)

[ロンドン 6日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した12月の英サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は50.0と、前月の49.3から上昇した。12月12日に実施された総選挙でジョンソン首相が地滑り的勝利を収めたことを受けた。

総選挙前の回答を基にした速報値の49.0から上方改定された。

ただ、景況の拡大・悪化の分かれ目となる50は8月以来上回っておらず、2009年以降で最長となっている。IHSマークイットによると、第4・四半期の経済成長率は横ばいが示唆されている。

IHSマークイットのエコノミクスアソシエートディレクター、ティム・ムーア氏は事業期待指数の好転について、「事業環境が数カ月で改善し始めることを示すさらなるシグナルだ。ブレグジットを巡る不透明感の払拭が進んだことや政治状況の見通しが改善したことで企業センチメントが上向いたことが寄与した」と述べた。

製造業とサービス部門を合わせた総合PMI改定値は49.3。38カ月ぶりの低水準だった9月と同じだが、速報値の48.5からは上方改定された。

サービス部門の12月改定値は同月5─19日に寄せられた回答が基になっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below