February 5, 2020 / 10:24 AM / 18 days ago

英サービスPMI改定値、1月は53.9 18年9月以来の高水準

* 1月の英サービス部門PMIは53.9(予想:52.9)

[ロンドン 5日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した1月の英サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は53.9と、速報値の52.9から上方修正された。

これは2018年9月以来の高水準。ロイターがまとめた市場予想の52.9を上回った。

昨年12月は50.0だった。12月の総選挙後に景気が回復したことが浮き彫りとなった。

IHSマークイットは四半期ベースの経済成長率が0.2%前後になるとの見通しを維持した。

1月のサービス業の新規受注の拡大ペースは2018年6月以降で最高だった。

同社のチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「1月のPMIは、英経済が総選挙以降、回復していることをはっきり示している。政治的な不透明感に伴う逆風が弱まり、企業・消費者の支出につながっている」と指摘した。

サービス業のビジネスの見通しを示す指数は2015年5月以来の高水準。ただ同指数は「サービス業PMI改定値のサブ指数の中で唯一速報値を下回っており、月末にかけてビジネスの見通しが段階的に悪化した可能性がある」という。

製造業とサービス業を合わせた1月の総合PMI改定値は53.3と、速報値の52.4から上方修正され、2018年9月以来の高水準となった。昨年12月は49.3だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below