for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英製造業PMI、12月は移行期間終了控え3年ぶり高水準

[ロンドン 4日 ロイター] - IHSマークイット/CIPSが発表した昨年12月の英国の製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は3年ぶりの高水準となった。欧州連合(EU)離脱に向けた移行期間の終了を前に駆け込み的に操業が活発化した。

12月のPMIは57.5で11月(55.6)から上昇。速報値(57.3)からも上方改定され2017年11月以来の高水準となった。

IHSマークイットのディレクター、ロブ・ドブソン氏は12月の水準は持続しないとの見方。「顧客、特にEUの顧客が購入を前倒ししたことが、販売を一時的に押し上げた。年明け数カ月は低迷に転じるだろう」と述べた。

12月調査(12月4─18日実施)では、原材料の備蓄が、元々の離脱期限だった2019年3月以来の高水準となり、納期は最初のロックダウンの4月、5月以降で最長となった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up